雪が降るとどうしても思い出す

投稿者:匿名

僕の住む地域にて初雪のニュースが流れ、僕も外に出て空からパラパラと降る雪を眺めていたんだけど、どうしても雪の日には3年前に亡くした嫁のことを思い出す。
いまはときたま強いグリーフが襲ってくるぐらいで、普段は日常生活を送れるほどにメンタルも回復しているんだけど、どうしても雪の日は駄目だな。
嫁と初デートしたのも雪の日だったな、とか、喧嘩した日に雪が振る中君が飛び出してしまったこととか、一緒にスノボに遊びに行って僕が転んで大けがしたこととか、なにかと雪にまつわるエピソードが多いから。
あ、クリスマスイブに入籍したんだけど、その日は結局雪が降らないんだって、なぜか逆に残念がった思い出もあるな。
雪は僕たちにとっては、なんか特別なんだ。

雪がふると、とても寂しくなる。
病気とはいえど、なぜ一人でいってしまったのかい。
最期の時まで一緒だったけど、僕は君に万全をつくせたのだろうか。
なぜ僕はいまひとりなのかい。

雪は君のことを身近に感じれるようで、悲しみも同時に襲ってくるようで複雑な気分になる。今年は暖冬だっていうけど、あと何回雪が降るんだろう。





※編集キー入力必須


コメント

コメントはまだありません。

TOP