いつになったら

投稿者:なつ

中学の時に初めてできた彼氏でした。
6つも上で、大人で、子供の私に合わせてくれて、でも塾の先生だったから周りに言えなくて、ひっそり会うだけでした。もともと私が携帯を持ってなかったのもあって連絡も頻繁に取らない恋人でした。
でも大好きで大好きで私が高校卒業したら彼もいい歳だから結婚しようねって言ってました。
付き合って2年半が経った頃、彼は就職してて県外へ行ってしまい、なかなか会えてなかった中、返事の遅いLINEがついにラインが返って来なくなりました。連絡が取れなくなって、3ヶ月が経った頃、私が一方的に彼から写真を見せてもらっていた妹さんと偶然会い、彼となぜ連絡が取れないのか気になり初対面でしたが話しかけ、彼が亡くなったことを知りました。雨の日の事故だったそうです。
家族の方も看取ることはできなかったそうです。
連絡が取れなくなって嫌われたと思って絶望してた時とは比べ物にならない絶望感が私を襲いました。
彼が亡くなってもう5年以上です。
未だに恋人はできていないし、未だに彼を思って涙が出ます。
さよならも言えなかった。
もっとしたいことがあった。
来年、彼の年齢に追いつきます。
再来年、彼の年齢を追い越します。
私はいつになったら彼の元へいってもいいのでしょうか。





※編集キー入力必須


コメント

 No.1 匿名 

私は、今19歳の大学生です。
中学一年生の時に私も6歳年上の男性とお付き合いを始めました。私は当時まだ子供ですごくわがままで恋愛を知りませんでした。
手を繋ぐことも、デートも、男の人の優しさも全て彼が初めてで彼と知りました。
本当に優しい人で私が拗ねることはありましたが喧嘩をしたことはありませんでした。
気づけば付き合い始めて2年9ヶ月の月日が過ぎ私は中学3年生になっていました。ある日から彼の言葉に棘があるように感じたり今までの優しい言葉が無くなりました。
そして、「別れてほしい。」彼からの一言で終わりを迎えました。
とても好きでした。全てが彼だったから。初めての失恋をした私は毎日泣きました。

それから約1ヶ月。
彼の友達で私も何度か会ったことがあった男性から「頼むから行ってやってくれ。」と突然のことに理解はできませんでしたが指定された場所が病院だったこともあり私はその病院に向かいました。
病室の扉を開けると、機械が多くその管は彼に繋がれていました。
私は理解できずパニックで彼に「どうして?」「これは何?」といった言葉をぶつけました。彼からはなぜここにいるのか初めは怒られましたが事情を説明すると「せっかく離れたのに」これが彼の言葉でした。
そして私は彼が病気があることを教えてもらいました。だからもう他の人と幸せになってほしいと。
私は彼がそれでも好きでした。
側にいたいと。
終始泣き続ける私に「悪かった」その言葉に続けていつ病気がわかったのか、なぜ私にあんな態度を取ったのか、なぜ何も言わずに別れたのかを話してくれました。
それを聞いた上で私と彼はもう一度お付き合いを始め、毎日病院に通う日々が続きました。
以前のように外でデートしたりはできませんでしたが、私はとてもとても幸せでした。

でも、長くは続かず1ヶ月ほどすると彼は意識を持って起きている時間が減りました。ただただ手を握って横に座って時間が過ぎていく日が増えました。
ある日病室の扉を開けるとその日は目を開けて窓の方を向いていました。久しぶりに「おかえり」そう言ってもらえました。久しぶりに楽しくお話をして面会時間が近づき帰りが近づくと彼が「別れよう」と、彼から聞くのは二度目の言葉を口にしました。
1度目とは違い理由がわかるからこそ嫌がる私に、「今別れなかったらいつ別れるんだ。いつまでも縛ってやりたくない。」そう言う彼に頷くしかありませんでした。その日は久しぶりに泣きながら家に帰りました。

それから3日間彼が目を覚ますことはありませんでした。別れてから3日目、もう持たないかもしれないという連絡が彼のご両親からあり私は学校を休み病室に向かいました。
私と、彼のお母さんが手を握っていると彼の目が少し開き何かを言っていました。私の名前でした。
きっと彼のご両親も一緒に過ごしたかったのに泣きながら2人にしてくれました。
「嫌だ」「行かないで」最後まで困らせることしか言えない私に「愛してた、ありがとう」そういうと目を閉じました。最後に一粒の涙を流して。初めて見た涙でした。それを見て「私も愛してるよ、ありがとう」そう伝えご両親を呼びました。そのまま目を開くことはありませんでした。

後日、葬式も終わり病室の整理を彼のお母さんとしていると、引き出しに3通の手紙が入っていました。1通はご両親、1通は私に教えてくれた友達、そして最後は私に宛てたものでした。
そこには約3年の2人の思い出、そして口では言ってくれませんでしたが死ぬことの怖さ、置いてくことへの謝罪が書かれていました。涙の滲ませた跡のある手紙に私は涙が止まりませんでした。
今でも私の宝物です。
読み返すと涙が止まりません。

最後まで格好つけで今思い出してもまるで作り話かのような話だなと思います。
今でも1番愛しています。
今、私は彼のおかげで夢を見つけ看護師を目指して学校に通っています。

彼のご両親には「娘のように思っているからいつでもおいで」という言葉に甘えさせてもらい今もよくお邪魔させてもらっています。
みんなで泣き笑いながら話をしたりしています。

お互い頑張って生きましょう。

 No.1 匿名 

私は、今19歳の大学生です。
中学一年生の時に私も6歳年上の男性とお付き合いを始めました。私は当時まだ子供ですごくわがままで恋愛を知りませんでした。
手を繋ぐことも、デートも、男の人の優しさも全て彼が初めてで彼と知りました。
本当に優しい人で私が拗ねることはありましたが喧嘩をしたことはありませんでした。
気づけば付き合い始めて2年9ヶ月の月日が過ぎ私は中学3年生になっていました。ある日から彼の言葉に棘があるように感じたり今までの優しい言葉が無くなりました。
そして、「別れてほしい。」彼からの一言で終わりを迎えました。
とても好きでした。全てが彼だったから。初めての失恋をした私は毎日泣きました。

それから約1ヶ月。
彼の友達で私も何度か会ったことがあった男性から「頼むから行ってやってくれ。」と突然のことに理解はできませんでしたが指定された場所が病院だったこともあり私はその病院に向かいました。
病室の扉を開けると、機械が多くその管は彼に繋がれていました。
私は理解できずパニックで彼に「どうして?」「これは何?」といった言葉をぶつけました。彼からはなぜここにいるのか初めは怒られましたが事情を説明すると「せっかく離れたのに」これが彼の言葉でした。
そして私は彼が病気があることを教えてもらいました。だからもう他の人と幸せになってほしいと。
私は彼がそれでも好きでした。
側にいたいと。
終始泣き続ける私に「悪かった」その言葉に続けていつ病気がわかったのか、なぜ私にあんな態度を取ったのか、なぜ何も言わずに別れたのかを話してくれました。
それを聞いた上で私と彼はもう一度お付き合いを始め、毎日病院に通う日々が続きました。
以前のように外でデートしたりはできませんでしたが、私はとてもとても幸せでした。

でも、長くは続かず1ヶ月ほどすると彼は意識を持って起きている時間が減りました。ただただ手を握って横に座って時間が過ぎていく日が増えました。
ある日病室の扉を開けるとその日は目を開けて窓の方を向いていました。久しぶりに「おかえり」そう言ってもらえました。久しぶりに楽しくお話をして面会時間が近づき帰りが近づくと彼が「別れよう」と、彼から聞くのは二度目の言葉を口にしました。
1度目とは違い理由がわかるからこそ嫌がる私に、「今別れなかったらいつ別れるんだ。いつまでも縛ってやりたくない。」そう言う彼に頷くしかありませんでした。その日は久しぶりに泣きながら家に帰りました。

それから3日間彼が目を覚ますことはありませんでした。別れてから3日目、もう持たないかもしれないという連絡が彼のご両親からあり私は学校を休み病室に向かいました。
私と、彼のお母さんが手を握っていると彼の目が少し開き何かを言っていました。私の名前でした。
きっと彼のご両親も一緒に過ごしたかったのに泣きながら2人にしてくれました。
「嫌だ」「行かないで」最後まで困らせることしか言えない私に「愛してた、ありがとう」そういうと目を閉じました。最後に一粒の涙を流して。初めて見た涙でした。それを見て「私も愛してるよ、ありがとう」そう伝えご両親を呼びました。そのまま目を開くことはありませんでした。

後日、葬式も終わり病室の整理を彼のお母さんとしていると、引き出しに3通の手紙が入っていました。1通はご両親、1通は私に教えてくれた友達、そして最後は私に宛てたものでした。
そこには約3年の2人の思い出、そして口では言ってくれませんでしたが死ぬことの怖さ、置いてくことへの謝罪が書かれていました。涙の滲ませた跡のある手紙に私は涙が止まりませんでした。
今でも私の宝物です。
読み返すと涙が止まりません。

最後まで格好つけで今思い出してもまるで作り話かのような話だなと思います。
今でも1番愛しています。
今、私は彼のおかげで夢を見つけ看護師を目指して学校に通っています。

彼のご両親には「娘のように思っているからいつでもおいで」という言葉に甘えさせてもらい今もよくお邪魔させてもらっています。
みんなで泣き笑いながら話をしたりしています。

お互い頑張って生きましょう。

TOP