投稿一覧

嫁が流産した夫の立場で

嫁が流産した。
自らの体内に命を宿し、手術までする女性の悲しみとは比較はできないかもだけど、夫の立場としても流産は悲しいものです。

妊娠初期、出血をした嫁は今まであったつわりの症状もおさまり、妊娠が継続しているのか不安な気持ちのまま産婦人科の定期検診を待つばかり。もちろん僕も不安な気持ちのまま。

夫の立場となると、嫁になんて声をかけていいのだろう、なんて言葉をかけるのが最適なのだろう、とか、そうしたことまで気を回さなくてはいけない。

診断してもらった結果、本来なら聞こえるはずの心拍は聞こえず、おそらく流産だろうとのこと。念のため次の検診まで様子見。

次の検診までの2週間ぐらいは、できるだけ悪い想像をしないように過ごした。

2週間後の検診。やはり心拍は確認できずに、流産確定。子宮内容除去手術の日程を決める。

一緒になって泣いた。自分も悲しみがいっぱいで、嫁には気を使えなかったのは申...

本文続き・コメント
二回続けての流産

待望の妊娠。一度流産を経験しているだけに、今度こそという思いで頑張ってきたのでとても嬉しかったな。
でもまさかまた流産しちゃうなんて・・・
ちゃんと産んであげられなくて本当にごめんね。
不妊症ではないかと、自分に自信がなくなってしまいます。

本文続き・コメント
悲しみでいっぱいです

妊娠7週目での流産。。
本来なら心拍が聞こえてきてもおかしくない時期、いまだ心拍確認ができないのはきっと成長が遅いだけだと願っていたけど、だめでした。
自分を責めてしまい、とても悲しいです。

本文続き・コメント
TOP