「死別者のための総合掲示板 きんせんか」とは

「死別者のための総合掲示板 きんせんか」とは、大切な人を失ってしまった悲しみや、大切な人とともに過ごした思い出などを投稿し、同じ死別という悲しみを味わった人や今現在苦しんでいる人と交流することができます。

多くの共感できる人がいることを知り、故人を偲ぶことで、少しでも気持ちを和らげることができれば...という想いで作成されました。


・掲示板を利用する際は、【掲示板マナー】をお読みください

・当掲示板制作者の想いについては、【制作者の想い】をご覧ください


最新の投稿

母を亡くしました

一週間前に母を突然亡くしました。前の晩も元気で電話してました。
母は私にとってただの母親ではなく、離婚時に一緒に戦ってくれた戦友でした。
それから毎日電話して支え合っていました。
今は本当に悲しくて仕方ないです。どうやって生きていけばいいのか誰か教えてほしい。

本文続き・コメント
もうすぐ7年です

はじめまして、私は7年前のお盆を過ぎた頃23年間長く付き合っていた恋人(以下、彼女と呼びます)を乳ガンで亡くしました。
初対面当時は私は20代半ば、彼女はまだ高校生で某音楽のイベントでの合同演奏の同じ楽器で隣り合わせでした。演奏記号の意味やリズムの取り方を教えてあげたり、休憩時間では音楽談義に花を咲かせていました。オーケストラやブラバンのコンサート、そしてアウトドアでは山登りと二人でよく出かけていました。
ベートーベンの像や楽士たちのミニチュアをプレゼントとして頂きオーディオセットの上に今でも置いています。
当時としては珍しく我が儘でなく辛抱強く質素な女性でした。亡くなる約2年前くらいから胸の違和感を覚え一度病院にお伺いしたところ、初期の乳ガンでした。手術は無事成功しましたので、二人でハイキングや音楽鑑賞を楽しみました。ところが亡くなる半年前には再発しその約4カ月後に容態が最悪となり亡くなる2日前に...

本文続き・コメント
いつになったら

中学の時に初めてできた彼氏でした。
6つも上で、大人で、子供の私に合わせてくれて、でも塾の先生だったから周りに言えなくて、ひっそり会うだけでした。もともと私が携帯を持ってなかったのもあって連絡も頻繁に取らない恋人でした。
でも大好きで大好きで私が高校卒業したら彼もいい歳だから結婚しようねって言ってました。
付き合って2年半が経った頃、彼は就職してて県外へ行ってしまい、なかなか会えてなかった中、返事の遅いLINEがついにラインが返って来なくなりました。連絡が取れなくなって、3ヶ月が経った頃、私が一方的に彼から写真を見せてもらっていた妹さんと偶然会い、彼となぜ連絡が取れないのか気になり初対面でしたが話しかけ、彼が亡くなったことを知りました。雨の日の事故だったそうです。
家族の方も看取ることはできなかったそうです。
連絡が取れなくなって嫌われたと思って絶望してた時とは比べ物にならない絶望感が私を襲い...

本文続き・コメント
日々君を探す

妻が突然倒れ、心肺蘇生も叶わず35歳と言う若さで逝ってしまって今日で1ヶ月。
毎日キスやハグをして、毎日何十回と大好きを伝えあっていたね。
妻と過ごした8年…たった8年。
まだまだ一緒に居ると思っていた。何気ない日常の中に幸せな時間がたくさんありすぎて、毎日毎日君の存在を探してる。
名前を呼んで欲しい。
LINEしてきて欲しい。
一緒にタバコが吸いたい。
何よりも抱きしめたい。
嘘だよ~って帰って来るような気がして、まだまだ受け入れられない。
泣かないようにしていても、毎日泣く日々が続く。背中をさすってくれる君の手はどこにあるんだろう…
あの大好きな笑顔や、声はどうしたら見れて聞けるのかな…どうすれば君に会えるのか考えない日はないよ。
一生手を握ってて、一生傍にいてね、と口癖のように言う君が愛おしくて仕方なかった。
こんなにも大好きで、愛してるのに、会えないだけでこんなにも哀しいなんて。

会いたい...

本文続き・コメント
クリスマスに匿名のサンタとなって、子どもを笑顔にしませんか

2001年に最愛の妻を亡くしました。当時妻は32歳、脳腫瘍での若すぎる死でした。死別後は全ての景色が色を失い、モノトーンの世界でした。見たもの全てがグレーに見えました。
死別後1年間は本当に辛かったです。何をするにも妻の事を想い出しました。雨が降れば「Kちゃん雨降ったよ」、夏になれば「Kちゃんスイカもらったよ」そんな会話を心の中で行っていたのを想い出します。
しかし気付いてみればもう2020年、ずいぶんと時が経ちました。それでも妻のことは忘れたことはありません。
最近は、今、日本で生活している様々な子ども達を支えたいと思うようになりました。残された人生でできることは何だろうと考えた結果です。

そこで、クリスマスに子ども達に絵本を贈る企画を立ててみました。
この絵本『えんとつ町のプペル』は、亡くなってしまった父ちゃんを信じ続ける少年と、父ちゃんの魂がプペルとなって少年の前に現れるストーリーです。読み終...

本文続き・コメント
最愛の母を亡くしました

母を亡くしました。親ひとり子ひとりで懸命に生きてきました。私は母を守ることを第一に、母は私のために人生を捧げてくれました。その母が急に亡くなったんです。人は強く生きるようアドバイスしますが、50年も一緒に頑張ったので本人はわりきれないです。

本文続き・コメント

初めまして

5年前に娘を癌で失くしました。

同じような経験をされた方、
気軽にお話ししませんか。

そんな友人が男女年齢問わず
身近にいて下されば、心強いなと、願っています。

どうぞ、宜しくお願いします。

本文続き・コメント
死別経験者

オープンチャット「死別経験者(最愛のパートナーを病気等で亡くされた方)」
https://line.me/ti/g2/9yRM9ibOj_QoQh0hQpsRqg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

本文続き・コメント
TOP